カラートリートメント

簡単?難しい?マイナチュレカラートリートメントの使い方は?

「マイナチュレと私」管理人のケイコです。

白髪染めって結構面倒ですよね?美容室で染めるとお金も時間もかかるし、自宅でヘアカラーだと髪は傷むし、良いことないですよね?
そこでおすすめしたいのがマイナチュレカラートリートメントという白髪染めトリートメントです。白髪染めトリートメントは比較的簡単に染めることが出来るのでおすすめです。
今回の記事ではマイナチュレカラートリートメントの使い方について解説していきたいと思います。

簡単?難しい?マイナチュレカラートリートメントの使い方は?

結論を先に言いますね^^

マイナチュレカラートリートメントの使い方は「簡単」です。

それでは3ステップで解説していきます。

マイナチュレカラートリートメントの使い方 ①塗る

まずはマイナチュレカラートリートメント商品を手に取り、髪に塗っていきます。
ここでポイントです。

手袋を使いましょう。

手袋は無くても染めることができますが、やはり染料が手に付いてしまいます。
一度、素手に染料が付くと、なかなか取れません。何回も洗わないと取れないです。
その手間を考えるとビニール手袋をつけることをおすすめします。

ビニール手袋を付けた手に商品を手に塗り髪に塗っていきます。

塗っていく順番ですが、染まりにくい所から塗っていきましょう。
その染まりにくい部分というのが、生え際分け目です。
この部分から染めるとうまく染めることができると思います。

生え際と分け目を塗ったら、次は両サイド後頭部です。

そして最後に髪を全体的に塗っていきましょう。

塗る順番
①生え際・分け目
②両サイド・後頭部
③髪全体

この順番で塗っていくと、染まりにくい生え際や分け目も上手く塗っていけるでしょう^^

マイナチュレカラートリートメントを全体的にうまく塗った後は待ちます。

マイナチュレカラートリートメントの使い方 ②放置する

マイナチュレカラートリートメント使い方「①塗る」が終われば、あとは待ちます。

マイナチュレカラートリートメントの放置時間は10分です。

放置時間は目安と捉えていると良いと思います。
初めて使う場合は少し長めの方がおすすめです。

私のおすすめ放置時間は20分です。

根拠は経験です(笑)

そして、10分~30分放置すれば、あとは髪を流していきます。

マイナチュレカラートリートメントの使い方 ③洗い流す

マイナチュレカラートリートメント使い方「②放置する」が終われば、あとはお湯ですすいでいきます。

公式サイトでは少量のお湯ですすいでいくとありますが、その方法でやっていくとかなり時間がかかってしまい、とても簡単とは言えなくなります。

そこで、私のおすすめはシャワーでカラートリートメントを流していきます。
ある程度、お湯の色が無くなってきたらシャンプーしてみてください。
泡が色づきますが、髪はこの時点でしっかりと染まっていますので、安心していただいて大丈夫ですよ^^

少量のお湯で流していくと時間がかかるので、シャワーですすいで、最後はシャンプー

マイナチュレカラートリートメントの使い方 ④乾かす

マイナチュレカラートリートメント使い方「③洗い流す」が終われば、最後の仕上げです。
しっかりと濃い色のタオルで水分をふき取ります。

<div class=”concept-box1″><p>濃いめのタオルで拭き取る</p></div>

色の薄いタオルで拭き取ると、間違いなくタオルに色移りします。
でも、これは仕方ないんですよ。

思い出してください。美容室のタオルを。
茶色が多くないですか?薄い色だとタオルの色移りが目立ってしまうからです。

そして、しっかりと水気をとれば後はドライヤーの出番です。

タオルに色が付くと枕につくんじゃないかと心配になると思いますが、しっかりとドライヤーをすれば、私の経験上、枕に色移りすることは無いです。

ドライヤーでしっかり乾かす

以上でマイナチュレカラートリートメントの使い方の解説はおしまいです。

マイナチュレカラートリートメントの使い方のまとめ

マイナチュレカラートリートメントの使い方を紹介しました。私は慣れているので簡単に感じますが、はじめての方はどうですかね?よくあるヘアカラー剤だと、くしに1剤と2剤をつけて…という感じで染めていくので、ちょっと大変です。それに比べると簡単だと思います。
一度白髪染めトリートメントを試してみようと思っている方はマイナチュレカラートリートメントがおすすめですので、ぜひチャレンジしてください^^

>>マイナチュレカラートリートメントの染まり具合や口コミはこちら

>>マイナチュレカラートリートメントを1本無料で購入する公式サイトはこちら